読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WorkFlowyは書く作業を楽しませてくれます。

タスク管理

f:id:t-jump:20160701144514p:plain

2010年から業務文章はEvernoteを使って作成していました。しかし、最近はアウトラインプロセッサーのWorkFlowyをメーンに使っています。

WorkFlowyは多様な使い方ができるクラウドアウトライナーです。

 私に限ったことかもしれませんが、作成する業務文章は行き当たりばったりのケースが多く、それをEvernoteで作成するとノートが散乱してしまい、無理やりタグ付けしたりして後で見直すことが困難なことがあります。

ホント、何年もかかっているプロジェクトであれば、何をどこに書いたが既に分からなくなってくるのです。当然、読み返す事が煩わしくなり、収拾がつかなくなってしまいます。

WorkFlowyの場合は、Inboxに思いついた言葉放り込んでおき、隙間時間を使って、特定のトピックに移動させて思考の断片メモを一つの文章につくり上げる作業が容易にできます。

直感的な操作で、思考の流れを止めることなく、文章のまとまりを上下に移動させながら、また段落を代えたりすることで、未完成の文章であっても、散乱した状態を感じさせることはありません。

記憶の断片だけを繋ぎ合わせることで、連続性のある意味ある文章が作れるのはアウトラインプロセッサだからこそできることではないでしょうか。

トピックをズームインする事でテーマを絞り込んでに作業に集中できます。

トピックをズームアウトする事で文章の全体の流れを俯瞰できます。

事実と事実を繋ぎ合わせることで広がりあるイメージを想像することが出来ます。

WorkFlowyは書く作業を楽しませてくれます。