芋の苗植えに参加しました

f:id:t-jump:20160702130556j:plain

今日は町内会主催の児童育成事業として「芋の苗植え」が行われました。

梅雨が開けころから蒸し暑くなる日本の夏は湿気が高いのが特徴で、毎年、猛暑になるか冷夏になるかでその夏の気分は大きく左右されたりもします。 猛暑で外に出るとフラフラすぐらいであれば、涼しいくらいの夏が一番いいのではないかと思ったりもします。 自宅の庭は5月頃から伸び始め、梅雨の時期には雑草刈りで忙しくなったりもします。

町内の子供会と言っても少子化で子供の数が少なく、子供会の事業なんかでも大人の参加者の方が子供の数を上回っているのが目立ちます。 そして、本来は父兄の皆さんが中心となるべきですが、休日は自宅でゆっくりと休んでおきたいのかもしれませんが、代わりに、町内の高齢者の方々がボランティアで参加くださったりしています。こういった様子は今の日本は当たり前なのかもしれません。

ymmfarm.com