観光大国ニッポンーいまめざすべき目標

観光大国日本

日本のおもてなしには特徴があります。まずは「無償」ということです。

アメリカのように、客に対してここまでやれば、このくらいのチップを払ってもらえるのは当然だという考えはありません。

まず、チップも含めたアメリカのサービス価格と日本のサービス価格が、ほぼ同じだというのがポイントだそうです。

日本のサービスにはサービスの対価は価格に含まれてますので、客にはサービスの良し悪しを価格に反映させる権利がありません。

フランスは約8,473万人の外国人観光客が訪れる世界有数の観光大国ですが、おもてなしが素晴らしいかと言うと、決してそのような評価ではありません。

課題の一つそしてホスピタリティーのなさが挙げられているように、むしろレベルが低いという印象だそうです。

中でもパリの人々のおもてなしが悪いという評判は、欧州でも非常に有名です。

日本の特徴

このことが示すように「おもてなし」というのは、観光大国の必須条件ではないように思われます

日本人が言うところのおもてなしの特徴は、「言われる前に自分達で考える」というスタイルのサービスであり、これは日本人同士だからこそ成り立ってきた部分でもあります。

日本人が違う人種や文化の異なる人たちの人数を全て読み取るのは不可能だと思うのです。

むしろ、日本のホテルや旅館レストランなどは、一方的に日本のやり方でサービスを押し付ける臨機応変がきかない、肩苦しいなどと酷評されているケースの方が多いそうです。

つまり、外国人が紹介しているのはあくまで「日本人の礼儀正しさや親切さ」であって、日本という国に「おもてなし」という高いホスピタリティの文化があるなどと思っている人は、かなりの少数派だということです

その意味でまずやらなくてはいけないのは、「日本のおもてなし文化」が、外国人から高く評価されているという国内の認識を一度疑ってみて、レベルアップする余地がないかどうかを考えることではないでしょうか

ScanSnap ix100ー買って正解です

ScanSnap ix100を買ってみました。

自宅には ScanSnap Evernote edition があります。当然、Evernoteに一発で取り込んでくれますので全くのストレス入らずです。ただ、 このScanSnap ix100は市販のソフトを使うことができ、たとえば、Eightと連携して名刺管理をすることができます。また、保存方法を選ぶことができ、GoogleDriveにも保存ができます。

気の利いた操作ができますので、いずれ購入するつもりでした。
400グラム程度の重さですのでカバンに入れて持ち歩くにも遅くになることありません職場にいれば ついゴミ箱に捨ててしまいそうな 資料も 、さっと ScanSnap を取り出して スキャンすれば わざわざ自宅に戻って スキャンする手間も省けます。

何cm かさばるような、しかも両面の資料であれば 据え置きタイプの ScanSnap の方が 使い勝手は良いかと思います。
ただ2台持ちであれば 作業効率が一層高まることは言うまでもありません。その場で忘れずにスキャンすることを心がければいいことです。

以前は、職場の複合機を使っていましたが、他のスタッフの目がありましたので、時間を見つけての作業でした。ただ、スキャンするときの音が気になりますが、問題ないレベルです。自宅に持ち帰る手間が省けて大助かりです。

 

 

 

 

 

クリップボードを重宝しています

とにかく書類整理が下手で、若いときからいろいろな工夫をしてきたのですが、最近、カバンの中にはバインダーを3つ入れておくようにしています。 仕掛りの業務をクリアフォルダーを挟んでいるのですが、持ちあることができるだけのバックの大きさではあるので、それほど苦にはなりません。 短期記憶に保持することが大変下手ですので、忘れやすさをどのようにカバーするかが悩みどころでした。

しかし、タスク管理ツールだけに頼らずに、机に向かったときにすぐに取り掛かれる状態を作ることは、実際の業務内容にもよりますが、経験値もかなり占めるのではないでしょうか。 普段から、クリアフォルダーを閉じたバインダーを持ち歩くことで、スムースに作業に取り掛かれるようになりました。 すぐに使うファイルは、クリアフォルダーに入れておかないで、クリップに挟んでおくようにしています。

MindMapを始めてみました

ここ数日前からマインドマップに興味を持ってきた。
ルーズリーフを使って真ん中にキーワードを握りこぶしぐらいの大きさに書く。まだ、4色ボールペンを使っているが、意外にスイスイかける。

オススメのペンがあるらしいが、時期に購入することになるだろう。
図書館に行き、トニーブザンのザ・マインドマップ(新板)を借りてきた。ビジネスツールとしてのiMindMapソフトが発売されてから、ビジネスマンの間でも人気が高まっているそうだ。

以前、Webで試用版をダウンロードしたことがあるが、その時は、マンダラートを主に使っていたので、興味範囲に過ぎなかった。
論理性よりも創造性を大切にするようになったのは、40を過ぎてから、物事に対する興味範囲が明らかに狭まってきたからかもしれない。興味範囲を広げたい気持ちがマインドマップを始めた理由かもしれない。

いわゆるフル・マインドマップはイラスト込みの色彩あふれる仕上がりとなるのだが、ここまで時間をかけることに何の意味があるのかと、それほど、強い興味を抱くことがなかった。
Shcooで倉橋竜哉さんの「マインドマップー正しい使い方・描き方」でも、本人ですら4年くらいは単色だけで作成していたとのこと。
マインドマップを作成する目的を明確にしたければ、カラーを使ったほうがいいとのアドバイスでマインドマップ技術が開花したとの経験に裏打ちされた解説に思わず頷いてしまった。

 

トニーブザン公認 オフィシャルマインドマップ・ブック

新版 ザ・マインドマップ(R)

新版 ザ・マインドマップ(R)

オススメのペンはこちら

 

けっこう作業がはかどりますよ-スタンディングデスク

スタンディングデスクで作業をしてみました

  健康であればそれに越したことはないのですが、一旦、腰痛に悩まされると回復するまでに随分時間がかかったりします。年齢も30を過ぎると筋力低下が著しく、悩み方は複雑になってきたりするものです。

特にデスクワークを中心のビジネスマンにとって通勤以外に社内を歩いたりするだけでも運動であり、休憩時間に軽いストレッチ運動をするだけでも、随分気分転換になったりします。

さて、デスクワークにストレスを感じながらも、ちょっとしたことから、立ったままでパソコンを操作する時があり、意外にも30分の作業にストレスを感じることがありませんでした。

そのテーブルは介護用の食卓テーブルでありまして、普段は寝室のベッドサイドにあり、書籍を積んでおくには丁度いい大きさでした。

ベッドサイドテーブル以上の役割を果たしていませんでした。

介護テーブルで十分使えるものでした。

No.710 ベッドサイドテーブル SL

No.710 ベッドサイドテーブル SL

最近は、デスクトップパソコンをあまり使わなくなり、ノートパソコン中心の生活になりました。

SurfacePro4を買ってからは、デスクトップの広い画面では、目に負担が大きく感じられるようなったのも理由に挙げられます。

家の二階から一階のリビングまで持って歩いたりして作業をすることが多くありました。

そのテーブルは最長、胸の高さまで伸ばすことができ、ノートパソコンとiPad、マウスを載せるだけの広さもありますので、作業するに十分使えるだけの物ではありました。

その為、わざわざスタンディングデスクを買う必要はありませんでした。

ただ、スタンディングデスクといっても、1万円ぐらい出すと、ベストな買い物ができるかと思われます。

ケーブルの種類にこだわる必要はないかと思われます。

腰痛防止 

WHOの発表によれば「1日10時間以上座る人は4時間以下の人に比べ、病気になるリスクが40%高くなる」とのことです。

腰痛防止としてデスクワークをあるき回りながら作業するのは、ストレッチ運動をしながらの作業は快適です。

部屋の中をうろうろしていたりするのは腰痛で集中して作業ができないことが根底にあるためだったと思われます。

腰痛から解放され無理のない姿勢で仕事ができることを探し求めていたところ偶然スタンディングデスクというものを知ることができたのです。

f:id:t-jump:20161125160749j:plain

脳をリフレッシュする  

歩き回ることで脳のリフレッシュができる

歩きながら声に出して本を読む行為は、一度やってみるとわかりますが、机にかじり付いて読むよりも理解が深まりそうです。

読書をしているときに、難解な箇所につまずいたりして、集中力が途切れそうになったりします。そんなとき、立ったままの状態であれば、その辺を歩きまわることで、簡単に脳リフレッシュさせることができます。

ダラダラと他のことに気を奪われることが少なくなりまし、急に眠気に襲われ本を投げ出すようなことはなくなりました。

読書中に、「少し思考」する場合は、机とソファーを移動したりしています。

これで、結構捗っています。

作業をフォーカスして行う場合に適している 体を動かしながら作業するようになった。落ち着きが無いといえばそれまでですが、マルチタスクを回避できるようです。

たとえ、短い時間でも集中して作業できる。3分の時間でも集中できるようになりました。

簡単に言えば、この仕事は立ってからしてみようかと思えば、そのときにやるのが一番いいかと思います。

8時間の全てを立つことにとらわれるのは逆効果ではないかと思います

フォーカスするのは、すぐには出来ないし、環境を変えてみることは大切。

なんどか環境を変えてみることで、作業がスムースに捗ることはあります。

ベッドで着想することができれば、

パワーポイントの作成。タスク管理ツールの整理。

どのような変化があったか

 体か軽くなったように思えるのは、椅子に座りっぱなしで一箇所にストレスが掛かることが無くなったために、血流が良くなったのではないかと思います。

「よっこらしょ」とは口にしなくなった。小回りがきくようになり。腰を曲げる作業が苦痛にならなくなった。  スムースに部屋から部屋へ移動できるようになりました。

今の生活は、リビングではソファー、寝室ではベット、書斎では机の椅子と、食事のときはテーブルの椅子。職場ではデスクワークで椅子に常に座っています。

なによりも、作業中に場所から場所へ移動することが苦痛ではなく、机とテーブルを行き来することで、より一層作業が捗るようです。

歩く姿勢は外に出るとき、また、職場の現場を見て回るときぐらいです。

本当、独身のアパートぐらしのときは運動不足もいいところでした。

意識的に環境を変えることがポイント 

とにかく、まったりとした生活から抜け出すには、長時間座ってい仕事をすることから抜け出すことが必要かと思いました。

ただ、立ったままで作業をすることに限定しないで、椅子に座って、ベッドの上で、スタンディングと使い分けることが、作業効率を高めることではないかと思います。

集中はできても、着想、閃きは、時間とタイミングがどうしても必要になってきます。スタンディングデスクかソファーであるかはその時の状況で判断していいのかと思います。

ノマド生活を悪く言うわけではありませんが、空想に浸ってしますのはよくあることではないでしょうか。

無駄に、時間を浪費するよりもできるだけ、意識的に環境を変えることは大切かともいます。

平戸日帰り旅行

平戸大橋

f:id:t-jump:20160829131713j:plain

 全長665m 橋全体が鮮やかな朱色に塗られており、素晴らしい眺めです。

 

 

道の駅 昆虫の里で記念撮影

f:id:t-jump:20160829132313j:plain

 道の駅 昆虫の里は長崎県平戸市を走る国道204号線沿いにある道の駅です。

 今日の旅行の目的のたびら昆虫自然園に近接しており、巨大カブトムシのモニュメントは昆虫自然園に向かう道標になっています。

空高くそびえ立つカブトムシのオブジェに顔を向けて、長男は笑顔で微笑んでいました。

道の駅の店内では、カブトムシの販売しているそうです。当日は、店内に入る時間がありませんでした。

 

たびら昆虫自然園 

f:id:t-jump:20160829121650j:plain

 

 

f:id:t-jump:20160830222515j:plain


池・水辺ゾーン

草地・裸地ゾーン

畑・花壇ゾーン

林地ゾーン

かって日本の原風景であった畑・小川・池・雑木林。草はら等の里山の環境を再現し、そこの集まる昆虫などの生き物を自然のままに観察できる施設だそうです。

f:id:t-jump:20160830223402j:plain

ですから、そこに住む昆虫以外に持ち込みはできないようです。また、カブトムシ、クワガタを捕まえることも禁止されています。

 

f:id:t-jump:20160830223131j:plain

実際、気候の変化にあわせて、自然は変化していきますので、原風景を維持管理していくことも大変でしょう。

 

f:id:t-jump:20160830223218j:plain

学芸員の男性から40分程度の説明をしていただきました。
主に、地面に落ちている小さな生き物が、セミの死骸を食べてくれていること。
昆虫同士の食物連鎖によって住み良い環境が維持されているとのことでした。 

 

たびら天主堂

f:id:t-jump:20160829121636j:plain

 たびら昆虫自然園から車で1分ほど下ったところにあります。教会は、平戸瀬戸を見下ろす高台にあり、周囲には墓地や畑が広がるなど、歴史的環境がよく保存されており、2003年に国の重要文化財に指定されいます。

 

f:id:t-jump:20160829121555j:plain

 

平戸瀬戸市場で昼食

 

f:id:t-jump:20160829120020j:plain

昆虫自然園の学芸員の男性のすすめで、昼食は平戸瀬戸市場に行くことにしました。

オススメは「萬福」でしたがその日は店休日でした。

ネットで調べてみると、「当店のお休みは不定休とさせていただいています」と書いてありましたので、

西端夢浪漫に決めました。

お昼時だからかも知れませんが、結構なお客さんが待っていました。ただ、空いたお座敷があるのに、お客さんを案内しようとしないところが気になりました。忙しくて店員さんの手が回らないのかも知れませんね。

勝手丼が有名だそうですが、そのことを知らずに、イカの活造りを注文しました。

 

f:id:t-jump:20160906110756j:plain

 ネットで調べた「勝手丼」です。

 

ふるさと納税

 

平戸市といえば、「ふるさと納税額」ランキング全国1位で注目を浴びたことで有名になりました。

ふるさと納税」とは故郷や自分の応援したい自治体に寄付すると、住民税などが控除される、いわば町おこし事業みたいなものです。

2014年度の納税額は、なんと12億7884万円!だそうです。

ちなみに2013年(平成25年)度の寄付金の額は3,910万円だったようです。

 なぜ、たった1年間で30倍以上の寄付金を集めることが出来たのかは別の機会に調べてみたいと思います。

 

根獅子海水浴

 

f:id:t-jump:20160907203035j:plain

昼食を済ませた後、平戸城の観光を変更して海水浴にしました。向かう先は

日本の快水浴場88選にも選ばれた美しい海水浴場です。

白い砂浜は遠浅で約1kmにも及ぶそうです。

地元では一番美しい海と言われているそうです。」

 

川内峠で休憩

f:id:t-jump:20160829121617j:plain

この峠道、根獅子の浜海水浴場から帰り道によったのですが、標識がなく探すのに大変でした。

ですが、景色はいいですよ。

 

 

f:id:t-jump:20160829121603j:plain


九州長崎県の西にある平戸島北部の大パノラマが広がる川内峠を走る爽快な道です。道路脇から丘の上に登ると360度の展望が開け、生月島西彼杵半島五島列島まで眺望できます。

 

 

 

感想

夏休みの最後の思い出として急遽予定を立てた日帰り旅行でした。

今年2回めの海水浴に子供たちは喜んでいました。

来年は市内観光を予定して宿泊旅行にしたいと思います。

長崎は御存知の通り 、長崎の教会群とキリスト教関連遺産」が国内推薦候補に選定されています。

教会めぐりをしていくと長崎の素晴らしい景色を歴史文化を視野に入れながら眺めることが出来ますので楽しいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーブランドのカバーケースですがおすすめします。

 

 

この夏、家族4人で小値賀島に行ってきました。
実は、次男が誕生してから、夏のシーズンを思い出でとして写真に残しておきたい気持ちが強くなってきたからです。
思い出作りのための旅行とすればごく自然なことかと思います。

そして、柿の浜海水浴場で子供の泳ぐ姿を遠くから撮るのに、是非、1眼レフの望遠で撮ってみたいと思うようになりました。
普段使いのコンデジでは、子供の活動写真を取るのは無理があるかなとは思っていました。
ファインダーを覗いて子供の姿を映し出すのが、一番いい写真が取れるのではないかと思いました。


そんなわけで、AmazonでベストセラーになっているEOS KIssX7を買ってみました。

2013年発売の製品ですが、市内のカメラ店の全店でまだ販売されていました。
一眼レフを選ぶ人は、被写体に併せてレンズを取り替えて楽しんだりしているようですが、コンデジの操作もままならない自分には贅沢な買い物かも知れません。

また、旅費もかさむのでそんな高い買い物は出来ませんでした。
同じ時期に姉妹モデルのEos Kiss X7iも発売されていますが、X7の方が圧倒的な人気を得ているようです。
なにせ、カメラの重量の軽さが一眼レフの正義だとすれば、Eos Kiss X7iは今でも世界最小最軽量の軽さを誇るキャノンの優れものだそうです。

子供を連れて公園に行くのが週末の日課です。
子供がサッカーボールで遊んでいる傍らでKindle本を読むのがこれまでの習慣でした。最近は、EOS Kiss X7を弄り回して楽しんでいます。

本から離れて、自然の風景に目を向けることで、週末を過ごしています。
普段から持ち歩いているショルダーバックはけっこう気に入ってますので、カメラ専用バックを買うつもりはありません。

EOS KissX7もこの中に入れて持ち歩いていますが、精密機器ですので、取り扱いに注意しなければなりません。
Amazonで買ったこのカバーはノーブランドですが、嵩張ることなく持ち歩けます。
カメラに入れ物を合わせたくないならば、是非、おすすめです。
お値段は300円程度。市内のお店では取り扱っていないのが不思議でなりませんでした。

ケースのない裸のままでの持ち歩きは故障の原因です。
持ち歩きの時にケースと使うのはいいのですが、自宅で使わない時にはケースから出しておくほうがいいそうです。
机周りにカメラを置いておくだけで、ちょこちょこといじったりしているうちに、カメラに馴染んでくるようです。
技術向上の一歩はこんなところからかも知れません。

ですから、このケース、普段はショルダーバックに折りたたんでしまっておくようにしています。