集中力を高めるー備忘録

「集中力」は、ビジネスマンの多くが身につけたい能力であるのは言うまでもありません。 しかし、生まれ持った能力だけに頼っては、人生を成功に導くことはできません。能力開発、技術習得はビジネスマンの心構えの一つです。 誰でもが、心がけようとしていることでありますが、結局は自分流にまとめておくようにしたほうが、「集中力」UPの為の一番の方法ではないでしょうか。

TaskChute式のタスク管理を取り入れて1日を時間管理する

仕事はプロジェクトの内容次第かもしれませんが、長期的に見れば、一日をいかにコントロールできるかが大切です。常に時間配分に気を配りながら、細かな作業をこなしていくことが、結果的に大きなプロジェクトを成し遂げることができるのです。
時間を意識しながらを作業をすすめることがビジネスマンの基本です。このツールはその意味で、人生のより早い時期から取り入れるとその後のビジネスライフをより理想に近づけるための手段ではないかと思われます。

起床後の30分間の行為が1日を決める

朝は8時30分までに出社。スマホの時計は6時30分起床。タスク管理ツールのtodoistに毎朝7時には、「起床後20分間の行動」のタスクを毎日リマインダーしております。 当然、7時までには起きるはずですが、子供の寝相次第では、遅れる場合があります。 早起きは3文の得を教えるのではなく、集中力の源は、早起きをする、それを心がけることから始まります。  

休憩時間を取る

集中力は体力勝負です。睡眠不足は大敵 。午前中でも20分間の休憩をはさみ、なるだけ外に出るようにしています。 特に、午後はこまめに休憩を取るようにしています。 休憩がとれない場合でも、インプット作業とアウトプット作業を交互に意識的に使い分けることで集中力を持続させることができるようです。

一意専心を信条に置く

すべてにそうなのかもしれませんが、普段に生活しているだけで、いろいろな価値判断を求められる。それらが価値あるものであるか雑念であるかを「判断」することは困難であります。成果物として残すことができれば、それは、苦労して判断しただけのことにはなるかもしれません。 そうではなくて、いろいろな価値判断が求められる状態であろうとも、それを支える心は常に同じ方向に向かっていることにすれば、成果物を残すことができなくても、決して悲観することはないと思われます。

スマホを極力触らない

これに時間を取られると集中力を維持することはできません。 スマホ依存症とは、スマートホンがそばにないと不安になり、スマホを片時も手放せなくなり、スマホに束縛されている症状を指します。

人間関係に煩わされない

付き合いで自分を見失うことは集中力の妨げです。 飲み会は大切。人間関係の幅を広げることも大切。人生を成就するには友達関係を重視することが大切です。しかし、それよりも大切なことは、自分が理想としていること、成し遂げることの一つでも見つけてそれに可能な限り時間を割こうとすることです。 職場では、クールに割り切ることが大切。自分を大事にする方法である。

帰宅後は仕事をしない

精神的抑圧から開放する。帰宅後、この開放がなければ、正常な状態を維持することができません。 原則、TaskChuteは午前8時30分か後5時までとしています。 子供の学習を見て上げる場合には、不定期にルーチンタスクを準備します。

読書する習慣を維持する

たとえ10分であっても良いから、できるだけ毎日読書するようにするようにしています。 職場では昼食後の休憩時間と就寝前のベッドのどちらかです。 電子書籍KindleiPadは常に机の脇においています。KindleUnlimitedを契約してからは、書店で買って読むことはめっきり少なくなってきました。 商品としての品揃えも結構よく、Dマガジンと併せて購読しています。

使いやすいプロジェクト管理ツール-Trello

プロジェクト管理ツールのTrelloを使い始めています。

最近のアナウンスによると、来年の年明けには日本語対応がなされるようです。

ただ、有志によって日本語訳がなされており、無料バージョンであっても、使用上、困ることはないのではないでしょうか。

通称、カンバン方式と呼ばれています。視覚的に整理できて、より自由な発想ができそうです。

中長期的な1つのプロジェクトあり、その作業に集中するしたいとき、このツールであれば、作業効率はぐっと捗るでしょう。

常に作業の進捗を把握できるので、今に集中できるのではないでしょうか。

Todoistはプロジェクト全体を俯瞰できるところが大きな利点であるわけです。

このTrello、ポストイットで作業をしたことがある人であれば、案外、理解しやすいのではないでしょうか。

こういったツールを使いこなそうとすれば予備知識を必要とすることで、便利なツールではありますが、なかなか現場になじまないので現状もあるのではないでしょうか。

個人的に使うだけでも一向に問題ないのですが、チームで作業をする場合に、かなり人気のあるようです。

GTDといった専門知識は必要はありません。

今に集中できる方法を探ることを、来年のテーマにおいてみようかと思います。

 

観光大国ニッポンーいまめざすべき目標

観光大国日本

日本のおもてなしには特徴があります。まずは「無償」ということです。

アメリカのように、客に対してここまでやれば、このくらいのチップを払ってもらえるのは当然だという考えはありません。

まず、チップも含めたアメリカのサービス価格と日本のサービス価格が、ほぼ同じだというのがポイントだそうです。

日本のサービスにはサービスの対価は価格に含まれてますので、客にはサービスの良し悪しを価格に反映させる権利がありません。

フランスは約8,473万人の外国人観光客が訪れる世界有数の観光大国ですが、おもてなしが素晴らしいかと言うと、決してそのような評価ではありません。

課題の一つそしてホスピタリティーのなさが挙げられているように、むしろレベルが低いという印象だそうです。

中でもパリの人々のおもてなしが悪いという評判は、欧州でも非常に有名です。

日本の特徴

このことが示すように「おもてなし」というのは、観光大国の必須条件ではないように思われます

日本人が言うところのおもてなしの特徴は、「言われる前に自分達で考える」というスタイルのサービスであり、これは日本人同士だからこそ成り立ってきた部分でもあります。

日本人が違う人種や文化の異なる人たちの人数を全て読み取るのは不可能だと思うのです。

むしろ、日本のホテルや旅館レストランなどは、一方的に日本のやり方でサービスを押し付ける臨機応変がきかない、肩苦しいなどと酷評されているケースの方が多いそうです。

つまり、外国人が紹介しているのはあくまで「日本人の礼儀正しさや親切さ」であって、日本という国に「おもてなし」という高いホスピタリティの文化があるなどと思っている人は、かなりの少数派だということです

その意味でまずやらなくてはいけないのは、「日本のおもてなし文化」が、外国人から高く評価されているという国内の認識を一度疑ってみて、レベルアップする余地がないかどうかを考えることではないでしょうか

ScanSnap ix100ー買って正解です

ScanSnap ix100を買ってみました。

自宅には ScanSnap Evernote edition があります。当然、Evernoteに一発で取り込んでくれますので全くのストレス入らずです。ただ、 このScanSnap ix100は市販のソフトを使うことができ、たとえば、Eightと連携して名刺管理をすることができます。また、保存方法を選ぶことができ、GoogleDriveにも保存ができます。

気の利いた操作ができますので、いずれ購入するつもりでした。
400グラム程度の重さですのでカバンに入れて持ち歩くにも遅くになることありません職場にいれば ついゴミ箱に捨ててしまいそうな 資料も 、さっと ScanSnap を取り出して スキャンすれば わざわざ自宅に戻って スキャンする手間も省けます。

何cm かさばるような、しかも両面の資料であれば 据え置きタイプの ScanSnap の方が 使い勝手は良いかと思います。
ただ2台持ちであれば 作業効率が一層高まることは言うまでもありません。その場で忘れずにスキャンすることを心がければいいことです。

以前は、職場の複合機を使っていましたが、他のスタッフの目がありましたので、時間を見つけての作業でした。ただ、スキャンするときの音が気になりますが、問題ないレベルです。自宅に持ち帰る手間が省けて大助かりです。

 

 

 

 

 

クリップボードを重宝しています

とにかく書類整理が下手で、若いときからいろいろな工夫をしてきたのですが、最近、カバンの中にはバインダーを3つ入れておくようにしています。 仕掛りの業務をクリアフォルダーを挟んでいるのですが、持ちあることができるだけのバックの大きさではあるので、それほど苦にはなりません。 短期記憶に保持することが大変下手ですので、忘れやすさをどのようにカバーするかが悩みどころでした。

しかし、タスク管理ツールだけに頼らずに、机に向かったときにすぐに取り掛かれる状態を作ることは、実際の業務内容にもよりますが、経験値もかなり占めるのではないでしょうか。 普段から、クリアフォルダーを閉じたバインダーを持ち歩くことで、スムースに作業に取り掛かれるようになりました。 すぐに使うファイルは、クリアフォルダーに入れておかないで、クリップに挟んでおくようにしています。

MindMapを始めてみました

ここ数日前からマインドマップに興味を持ってきた。
ルーズリーフを使って真ん中にキーワードを握りこぶしぐらいの大きさに書く。まだ、4色ボールペンを使っているが、意外にスイスイかける。

オススメのペンがあるらしいが、時期に購入することになるだろう。
図書館に行き、トニーブザンのザ・マインドマップ(新板)を借りてきた。ビジネスツールとしてのiMindMapソフトが発売されてから、ビジネスマンの間でも人気が高まっているそうだ。

以前、Webで試用版をダウンロードしたことがあるが、その時は、マンダラートを主に使っていたので、興味範囲に過ぎなかった。
論理性よりも創造性を大切にするようになったのは、40を過ぎてから、物事に対する興味範囲が明らかに狭まってきたからかもしれない。興味範囲を広げたい気持ちがマインドマップを始めた理由かもしれない。

いわゆるフル・マインドマップはイラスト込みの色彩あふれる仕上がりとなるのだが、ここまで時間をかけることに何の意味があるのかと、それほど、強い興味を抱くことがなかった。
Shcooで倉橋竜哉さんの「マインドマップー正しい使い方・描き方」でも、本人ですら4年くらいは単色だけで作成していたとのこと。
マインドマップを作成する目的を明確にしたければ、カラーを使ったほうがいいとのアドバイスでマインドマップ技術が開花したとの経験に裏打ちされた解説に思わず頷いてしまった。

 

トニーブザン公認 オフィシャルマインドマップ・ブック

新版 ザ・マインドマップ(R)

新版 ザ・マインドマップ(R)

オススメのペンはこちら

 

けっこう作業がはかどりますよ-スタンディングデスク

スタンディングデスクで作業をしてみました

  健康であればそれに越したことはないのですが、一旦、腰痛に悩まされると回復するまでに随分時間がかかったりします。年齢も30を過ぎると筋力低下が著しく、悩み方は複雑になってきたりするものです。

特にデスクワークを中心のビジネスマンにとって通勤以外に社内を歩いたりするだけでも運動であり、休憩時間に軽いストレッチ運動をするだけでも、随分気分転換になったりします。

さて、デスクワークにストレスを感じながらも、ちょっとしたことから、立ったままでパソコンを操作する時があり、意外にも30分の作業にストレスを感じることがありませんでした。

そのテーブルは介護用の食卓テーブルでありまして、普段は寝室のベッドサイドにあり、書籍を積んでおくには丁度いい大きさでした。

ベッドサイドテーブル以上の役割を果たしていませんでした。

介護テーブルで十分使えるものでした。

No.710 ベッドサイドテーブル SL

No.710 ベッドサイドテーブル SL

最近は、デスクトップパソコンをあまり使わなくなり、ノートパソコン中心の生活になりました。

SurfacePro4を買ってからは、デスクトップの広い画面では、目に負担が大きく感じられるようなったのも理由に挙げられます。

家の二階から一階のリビングまで持って歩いたりして作業をすることが多くありました。

そのテーブルは最長、胸の高さまで伸ばすことができ、ノートパソコンとiPad、マウスを載せるだけの広さもありますので、作業するに十分使えるだけの物ではありました。

その為、わざわざスタンディングデスクを買う必要はありませんでした。

ただ、スタンディングデスクといっても、1万円ぐらい出すと、ベストな買い物ができるかと思われます。

ケーブルの種類にこだわる必要はないかと思われます。

腰痛防止 

WHOの発表によれば「1日10時間以上座る人は4時間以下の人に比べ、病気になるリスクが40%高くなる」とのことです。

腰痛防止としてデスクワークをあるき回りながら作業するのは、ストレッチ運動をしながらの作業は快適です。

部屋の中をうろうろしていたりするのは腰痛で集中して作業ができないことが根底にあるためだったと思われます。

腰痛から解放され無理のない姿勢で仕事ができることを探し求めていたところ偶然スタンディングデスクというものを知ることができたのです。

f:id:t-jump:20161125160749j:plain

脳をリフレッシュする  

歩き回ることで脳のリフレッシュができる

歩きながら声に出して本を読む行為は、一度やってみるとわかりますが、机にかじり付いて読むよりも理解が深まりそうです。

読書をしているときに、難解な箇所につまずいたりして、集中力が途切れそうになったりします。そんなとき、立ったままの状態であれば、その辺を歩きまわることで、簡単に脳リフレッシュさせることができます。

ダラダラと他のことに気を奪われることが少なくなりまし、急に眠気に襲われ本を投げ出すようなことはなくなりました。

読書中に、「少し思考」する場合は、机とソファーを移動したりしています。

これで、結構捗っています。

作業をフォーカスして行う場合に適している 体を動かしながら作業するようになった。落ち着きが無いといえばそれまでですが、マルチタスクを回避できるようです。

たとえ、短い時間でも集中して作業できる。3分の時間でも集中できるようになりました。

簡単に言えば、この仕事は立ってからしてみようかと思えば、そのときにやるのが一番いいかと思います。

8時間の全てを立つことにとらわれるのは逆効果ではないかと思います

フォーカスするのは、すぐには出来ないし、環境を変えてみることは大切。

なんどか環境を変えてみることで、作業がスムースに捗ることはあります。

ベッドで着想することができれば、

パワーポイントの作成。タスク管理ツールの整理。

どのような変化があったか

 体か軽くなったように思えるのは、椅子に座りっぱなしで一箇所にストレスが掛かることが無くなったために、血流が良くなったのではないかと思います。

「よっこらしょ」とは口にしなくなった。小回りがきくようになり。腰を曲げる作業が苦痛にならなくなった。  スムースに部屋から部屋へ移動できるようになりました。

今の生活は、リビングではソファー、寝室ではベット、書斎では机の椅子と、食事のときはテーブルの椅子。職場ではデスクワークで椅子に常に座っています。

なによりも、作業中に場所から場所へ移動することが苦痛ではなく、机とテーブルを行き来することで、より一層作業が捗るようです。

歩く姿勢は外に出るとき、また、職場の現場を見て回るときぐらいです。

本当、独身のアパートぐらしのときは運動不足もいいところでした。

意識的に環境を変えることがポイント 

とにかく、まったりとした生活から抜け出すには、長時間座ってい仕事をすることから抜け出すことが必要かと思いました。

ただ、立ったままで作業をすることに限定しないで、椅子に座って、ベッドの上で、スタンディングと使い分けることが、作業効率を高めることではないかと思います。

集中はできても、着想、閃きは、時間とタイミングがどうしても必要になってきます。スタンディングデスクかソファーであるかはその時の状況で判断していいのかと思います。

ノマド生活を悪く言うわけではありませんが、空想に浸ってしますのはよくあることではないでしょうか。

無駄に、時間を浪費するよりもできるだけ、意識的に環境を変えることは大切かともいます。